東証マザーズ上場(株)ライトアップと業務提携|株式会社DXアカウント

「Jシステム(補助金・助成金自動診断システム)」の活用により、中小企業の助成金・補助金活用への共同DX支援を開始

株式会社DXアカウント(本社:神戸市西区、代表取締役:小島伸一郎、以下DXアカウント)は、東証マザーズ市場に上場(証券コード:6580)する株式会社ライトアップ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:白石崇、以下ライトアップ)と2021年12月6日に業務提携をし、中小企業のDX支援を推進すべく、補助金・助成金自動診断システム「Jシステム」の提供を開始いたしました。Jシステムの活用により、オンライン上でいち早く公的支援制度(補助金・助成金)の情報提供を行うことができ、申請希望者はオンライン上で申請手続きのサポートを受けることが可能となります。
これにより、DXアカウントが提供するサービス実施におけるコスト負担が軽減され、中小企業のDX支援やデジタルマーケティングの推進が可能となります。

ご提供サービス

・補助金・助成金自動診断システム「Jシステム」
新型コロナウイルス感染症対応制度も含め、最新の補助金・助成金を各企業ごとに自動診断できるシステムをご提供いたします。インターネット上で、各企業ごとに受給可能性が高い補助金・助成金を数分で調べることが可能となります。

・助成金申請の自動化(フルオート) 36万円/年+申請費用
煩わしい助成金の確認や依頼の手間が無くなるため、本業に集中できます。今まで煩わしくて申請していなかったり、年間1個か2個程度しか申請していない企業様は特に喜んでいただけます。この事業をご利用いただいた直近837社の年間平均申請額は約272万円となっており、内訳はこちらをご確認ください。※助成金は正社員が1人でも入れば活用できます。

・補助金・助成金申請の効率化(セミオート) 36,000円/年(3,000円/月)+自分で申請
なるべくお金をかけずに、ご自分で申請したい方向けのサービスです。システムに条件を登録しておくだけでご利用できる公的支援金の情報がメールで通知されます。また、合格した申請書をダウンロードでき、申請書の書き方は動画で解説しておりますので、簡単です。また、月に1回までライトアップのコンサルタントと無料でオンライン面談できますので、不安なところは人に聞けます。

業務提携の背景

新型コロナウイルス感染症拡大の長期化に伴い、日本全国の企業経営は深刻な状況に直面しています。国、各地方自治体などの行政機関によって様々な公的支援策を講じておりますが、中小・個人事業主の皆さまからは「どの制度が自社で活用できるのか分からない」「手続きが複雑で難しい」などの声が多数寄せられ、支援制度を十分に活用できていない状況です。

本システムを活用することで、中小零細企業の経営者さまご自身が「自社に最適な制度情報」を「自動で診断」することが可能になり、希望する経営者さまは「完全オンラインで補助金・助成金の申請が可能」になります。

会社概要

株式会社DXアカウント
■本社:〒651-2114 兵庫県神戸市西区今寺22-1-106
■代表者:代表取締役 小島 伸一郎
■事業内容:DX支援事業(中小企業支援)、デジタルマーケティング事業(WEB広告・SEO・MEO・LPO)
■ホームページ:https://dxaccount.com/

株式会社ライトアップ
■本社:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー32F
■証券コード:東京証券取引所マザーズ市場 6580
■代表者:代表取締役社長 白石 崇
■事業内容:DXソリューション事業(ITを活⽤した中⼩企業向け経営⽀援)、コンテンツ事業(受託制作)
■ホームページ:https://www.writeup.jp/

>最高のデジタルシフト体験を届ける

最高のデジタルシフト体験を届ける

「DX」を達成することに大きな変化を望むクライアントさまもいらっしゃいますが、きっかけはほんの些細な変化を目指してみることでもかまいません。 例えば、「Googleのサービスって実は沢山あるけど知っているのはほんの一部、Googleのサービスを駆使して無料で業務の効率化を図れないかな?」「SNSが普及して、色んなサービスで投稿しているけど、自分の業態にマッチしたサービスかどうか確信するために調査してほしいんだけど」など、普通に従業員なんかに確認する感じで依頼相談できるパートナーが側にいればどんなに便利かと考えたことはありませんか?わたしたち「DXaccount」は、最高のデジタルシフト体験を届けるパートナーとしてあなたを支えます。

CTR IMG